神奈川県津久井郡三ケ木

2011.05.16 Monday

0

    昔、神奈川県津久井郡にある三ケ木というところで暮らしたことがあります。三ケ木はミカゲと発音します。JR横浜線橋本駅からバスで小一時間ほどのところです。かつては甲州・武州・相州の結接点にあたり、山深いところとはいえ、戦略上、かなり重要な場所だったようです。というのも、甲州の武田信玄が小田原の北条を攻めたときは、甲州への最短の退却路はこの津久井を突っ切っていくことになるからです。そして津久井城は北条に属しており、このため、武田の主力と北条勢・津久井勢が三増峠でまともに軍事衝突したこともありました。その津久井城も、秀吉の北条攻めのとき、徳川の軍に攻め滅ぼされ、生き残った津久井衆は、この地で百姓となっていきました。
    この地へ越して来てひと月ばかりが経ったころのことです。休みを利用しては付近を散策して回りましたが、にぎやかなのは道路だけ、少し表通りから逸れると、あたりは山と畑ばかり……。裏道の十字路に立っている標識は江戸時代、いや、もっと古い時代からそのまま立っているような代物です。
    ところで私の住む住宅のすぐそばに、三ケ木神社という古い社があります。入り口には保育園ができており、これが神社を隠す形になっており、そんな大きな神社があるようには見えません。かろうじて保育園の横に立つ鳥居が、神社があるということを教えてくれているにすぎません。この鳥居をくぐって行くと、参道は保育園を回り込むような形で山の中へと入っていきます。あたりは鬱蒼として薄暗く、参道は石段となって山肌に沿うように上っていきます。
    その石段の取っ付き口は狭めの広場となっており、そこに目当ての石碑が立っておりました。「天明飢饉、一揆集結の地」と……。

    それを見たとき、まるで闇の中からわき上がってきたかのような思いを感じました。


    闇から浮かび上がってきた思い
    ああ、やっとここまで来た。やっとここまでたどり着いた。浅間山、嬬恋村、津久井……。浅間の大噴火からずっと追いかけてきた。噴火の規模、被害の状況、人心はどうか、その後に続いて起こった飢饉、米の買い占め、一揆、打ち壊し……。
    この機会を逃すんじゃないぞ。真実を調べるんだ。俺が救ってやる。本当のことを伝える。お前たちの思いを伝えてやる。だから教えてくれ。間引いた子はどこへ捨てられる。そうだ、女の子を間引いたときは「よもぎを摘みにやった、男の子なら川遊びにやった」というのか。そうだ、その調子だ。本当のことを明らかにしていくんだ。近江商人がこんなところまで来て、酒造の権利を買い米の買い占めをやっているのか。
    一揆の首謀者は誰だ。土平治だと……農民たちや土地を平和に治めるだと……。そんな人間はいない。架空の人間を作り出し、そいつに罪を着せる気か。だれだ、土平治を名乗った奴は。幕府直轄領で鉄砲を撃ったのはだれだ。
    俺は何もお前たちを罪に落とそうとしているのではない。本当のことが知りたい。形を整えるんじゃない。苦しみが本当に伝わってくるような、そんな事実をつかみ、報告したいんだ。お前たちの代弁者になろうと言っているんだ。
    訴えたんだろう。実情を記した嘆願状を出したんだろう。そいつを握りつぶした奴はだれだ。
    俺にとって今度の浅間焼けは大きな機会なんだ。俺の残りの人生すべてを賭けた大仕事だ。妥協なんかしないぞ。俺の調べた事実をだれがどう利用しようと勝手だ。田沼をつぶす道具にするならそれで結構。俺はただこの仕事を、俺がここにあったという証としたい。自分はこれだけのことをしたという満足感がほしい。
    あのときの、地の底から響いてくるような、あの轟音を決して忘れはしない。身体のうちから震えるような何とも言えない感覚。恐怖もあっただろうが、何かが起こりつつあるという一種の陶酔感があった。江戸の空を暗く染め、降りしきる火山灰……。身のうちが心底震えた。ついに来た。ついにやってきた。俺の仕事だ。機会が巡ってきた。やっと俺にも機会が巡ってきたんだ。誰に認められなくても、自分にとっては、最後の機会だと思った。
    真実を集めるんだ。何が起こった? 噴火だと……。どの山だ、どの山が火を噴いている? 川を人が流れてくる。死人が流れてくる。家が流されてくる。
    浅間の噴火はそれだけでは済まなかった。そのあとに来た大飢饉。むしろ、そのほうが悲惨だった。情報を集めろ。どこの藩でどれだけの餓死者が出たのか。どこの藩が餓死者を出さなかったのか。天領の状況はどうだ。米の買い占めは……。子供の間引きは……。打ち壊しの状況は……。


    ぶくぶくと泡のように浮かび上がってくる思い
    おめえにいったい何がわかるというだ。俺たちを出世の道具にしただけでねぇか。俺たちの暮らしは何も変わらねえ。土地に縛りつけられ、言いたいことも言えず、ただ働くために生きているような状態。食うに食えず、藁を轢いて団子にして食った。その藁もあいつらは、米の値を上げるためだと、集めて燃やしてしもうた。
    おめえは、俺たちの声を集め、本当のことをお上に伝えるんだと……立派なことを言っているが、結局は俺(おら)たちを利用しただけだ。俺たちの災難まで自分の出世の道具につかったんでねえのか。火事場泥棒じゃねえか。お前のやっていることは火事場泥棒だ……。結局は自分のためじゃねえか。


    違う、違う、本当に伝えたいと思った。苦しい状況を自分の思いを入れず、ただ、事実を伝えようとした。出世しようなんて思わない。ただ生きている証がほしい。俺がこの世にあったという、自分で満足できるような何かがほしい。浅間の噴火に出会ったとき、これだと思った。その機会が与えられたと思った。どこまでも食い下がって、事実を明らかにしてやると思った。自分に満足したかった。満足できる何かがしたかった。
    でも、終わってしまえば、何も残っていない。満足感もなく、もっと何かがあるはずだと。あのとき、これこそ一生の仕事と思ったのだが……。
    何を言われても仕方がない。でも俺の求めたものはなんだったのか。俺はただ甲斐のある、自分で満足できる仕事がしたかっただけ。それを悪と言うのか。俺の中に、なにかやりばのない空しさ、すべてを投げだしたい思い、自分のしていることへの不安が渦巻いている。俺はいったい何をしているんだろう。その思いばかりが湧き上がってくる。これでいいんだろうか。これでいいんだろうか ……


    つかの間、自分という闇のの中からわき上がってきた思い。いつしか闇の中へ吸い込まれるように消えていってしまった。

    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL