自炊で電子図書をつくってみる

2011.02.09 Wednesday

0

              (断裁機がないので、カッターナイフで根気よく本を解体していく)

                 (ページがバラバラになっているか確認)
    若い人たちのやっている「自炊」ということをやってみた。
    「自炊」と言っても、自分で飯を炊いて食うのではない。書籍を裁断してスキャンし、デジタルデータに変換する行為を「自炊」と言うらしいのだ。
    若い人が「本棚の本を自炊しちゃってさあ」などと言っているのを耳にすることがある。
    なぜ「自炊」というのか?
    一説に、「PCなどに吸い上げる→自吸い→自炊」 となったと、もっともらしいことが言われている。また、ホームレス等への炊き出しをイメージし、本をスキャンしてアップロードすることをも「炊き出し」と呼び、この炊き出しを受ける者は、ただダウンロードするだけのネット乞食だという。こんな説もある。しかし真偽のほどは定かでない。

    ともかく、若い人が言う「自炊」ということを経験しようと思い立った。これも電子図書には違いないのだから。
    それに「本」と「映画」には目がない。一時、たまりにたまった本を処分したことがあるが、いつしかまた「本」が、事務所や我が寝室を浸蝕しつつある。ならばデータ化して残すことを考えるのが賢明ではないか。データ化すれば、「どこに書いてたっけ」とページを探し回ったあげく、「たしか、ココに書いてあったはずなのに」などと悩むこともなくなるわけだ。なにせ検索できるのだから……

    思い立ったが吉日と、早速、本の解体から……。しかし、これには決意が要った。なにせ自他共に認める「本の虫」、本をばらすことに、抵抗感、いや罪悪感さえ感じる。
    ここは思いっきりだ! 男は思いっきりが肝心と、よく切れるカッタナイフを用意し、表紙カバーや帯を外すや、おもむろに背中から3ミリぐらいの処にサシを宛てカッターの刃を滑らせていった。引くこと50回あまり。新書版224ページの本が背中から切り離された。

    記念すべき「自炊第1号」は、ランドール・サトー著「沈没船が教える世界史」。
    一番上の写真は、表紙カバーと表紙と本文の3つに解体された、その「本」である。次は、その解体された「本文」を、まだひっついているところがないか、いくつかに分けチェックする。まだページとページがひっついているところがあれば、それをはがして1枚1枚にし、次ぎにドキュメントスキャナーにかける。
    すると、224ページの本を、読みとる解像度にもよるが、ほんの5分から10分あまりでスキャンを終えてしまう。ドキュメントスキャナー恐るべしである。
    僕の使っているドキュメントスキャナーは、エプソンのES-200。値段も3万円台と手頃で、コンパクトで、一見、炊飯器に似ている?が、その読みとり速度というか炊き上がり時間というか、その速さには驚かされる。「本」を解体するのが嫌で、ベッドスキャナーで1ページ1ページ、影が出ないよう本を押さえつけながらスキャンしていたことを思うと夢のようだ。
    スキャンさえ終われば、後は、そのままPDF化しようが、OCRをかけてテキスト化しようが思いのまま。急ぐ場合は手っ取り早くPDF化し、そのままアイパッドで読むようにしているが、これと思うものは、OCRをかけてテキスト化し、それをさらに、「インデザイン」等の組み版ソフトを使い、自分の好みにあった体裁に仕立て直すことにしている。
    こうすることで、テキスト化の過程で必ずチェックするため、スキャンしっぱなし、本で言うと「積読(つんどく)」ということがなくなる。おまけに自分でページを組んでいくので、自分の読みやすい体裁に組めるし、どこに書いてあったかの見当がつけやすいという利点もある。(検索がかけられるから必要ないといえば必要ないのだが……)

    ところでハードカバー本の解体となると、ちと面倒。厚手の表紙をはずし、カッターで切っていくのだが、裁断機があるわけでなし、手許が狂えば大事な本の版面に傷をつけてしまう。そこで外注で裁断してくれるところがある。安いところで1冊50円〜70円程度で解体してくれるという。
    僕も、今日始めてその存在を知り、利用してみることにした。
    送料込みで20冊まで2000円で解体してくれる。これなら、自分でカッターの刃を本に当てるときの、あの何ともいえない後ろめたさというか、ためらいから解放される。
    あとは仕上がってくるのを待ち、データ化していくだけ。こっちのほうは、どんな体裁に仕上げるのか、どちらかというと楽しい仕事になってくるという寸法だ。
    コメント
    管理者の承認待ちコメントです。
    • by -
    • 2012/10/28 12:51 PM
    管理者の承認待ちコメントです。
    • by -
    • 2012/11/12 11:53 AM
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL