死火山と思われていた二上山の麓から大噴火!?

2010.08.01 Sunday

0

    二上山の麓が噴火.jpg
         (2010年8月1日 19:45 馬見丘陵公園南エリア展望台から撮影)

    二上山の麓が噴火02.jpg
         (2010年8月1日 20:00 馬見丘陵公園南エリア展望台から撮影)

    上の写真は、死火山と思われていた二上山、その麓あたりが大噴火を起こした瞬間をとらえた一大スクープ写真である。

    ……そんな訳ないだろうって。その通り、二上山の噴火などとと大嘘。
    二上山は、約2000万年前の大噴火により形作られたと言われているが、その最終活動時期は、約1400万年前と推定されている。今や、どこをつついても火山の「か」の字も出てこない。

    では、上の写真は何かというと、種明かしをすればPLランドの花火。8月1日は、PLすなわち宗教団体パーフェクト・リバティ、教祖様の誕生日だという。「PLの花火」とは、それを祝って行われる純然たる宗教行事ということになる。

    しかし、見る者は、そんなことは知ったことじゃない。夏の風物詩ととらえ楽しめばいいわけだが、交通規制の敷かれた中、無理をして行くほどのものでもないだろう。我が町広陵町で見えるモノか、見えないモノか、物好きの虫がおこってグーグルマップと眺めっこ。

    撮影地点地図.jpg

    ここなら見えるだろうと割り出したところが、馬見丘陵公園の南エリア展望台。正確に言うと、馬見丘陵公園南エリアと竹取公園をつなぐ高架橋兼展望台、ここなら二上山の右側にPLの打ち上げ花火が遠望できるはず。そう思い夜になるのを待って自転車を走らせてみた。
    狙い通り見えるには見えたが、遠いのと、風向きのせいで煙が前面を漂い、最初は花火というよりもまるで、二上山の麓が火を噴いているように見えた。
    やがて、大きな花火が打ち上げられるようになると、それでも瞬間、花火らしい姿を撮影することができた。でも、やっぱり僕には大地の怒りのように見えてしまった。

    PLの花火01.jpg

    PLの花火02.jpg

    PLの花火03.jpg

    コメント
    管理者の承認待ちコメントです。
    • by -
    • 2014/06/11 7:00 PM
    管理者の承認待ちコメントです。
    • by -
    • 2015/09/28 1:13 AM
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL