チューリップが咲きました!

2010.03.29 Monday

0
    事務所の庭のチューリップ

    今朝、事務所の庭に植えたチューリップが何本か咲いているのを見つけた。まだ数は少ないけれど、庭が急に輝きだしたような感じて、昼も、庭のチューリップを見ながら昼食をとった。
    昼休み、ネットでチューリップのことを調べてみた。すると、イギリスはデボンシャーに伝わるチューリップの可愛い伝説を見つけた。

    「赤ちゃん用の揺り籠を持たない妖精は、夜、自分の赤ちゃんをチューリップの花の中に入れて、風に揺らせながら寝かしていました。昔、ある婦人がランプを持って庭に出たところ、チューリップの花の中でスヤスヤと眠っている赤ん坊を見つけ、大喜びしました。婦人はさっそく、庭中にチューリップを植え、やがて、そのあたりに住む妖精すべてに花の揺り籠が行きわたるようになりました。
    婦人は、月の夜、そっと庭に忍び出て、甘い花びらにつつまれ、そよ風に揺られて眠る赤ん坊の可愛い寝姿を眺めて楽しんでいました。妖精たちは用心深く、滅多に人に姿を見せません。しかし、婦人の優しい心が解って、妖精たちは少しも警戒心を起こさず、可愛い姿をあますところなく見せてくれました。その婦人が亡くなった後、婦人のお墓には、誰も植えたことがないというのに、美しいチューリップの花が絶えなかったそうです。」
    http://www.ne.jp/asahi/tochigi/sakamoto/tyulip.html

    また誰もが子供の頃に、「咲いた咲いたチューリップの花が……」と歌った童謡唱歌「チューリップ」。この歌は、日本が悲惨な戦争への助走をはじめた頃(作歌中に満州事変が勃発)、近藤宮子さんによって作られた歌だということもネットを調べていて知った。
    そんなことを知って、歌詞をつぶやいてみると、「どの花みてもきれいだな」という作者の思いが静かに伝わってきて、「チューリップ」という歌が、庭のチューリップのように、自分の中で別の輝きを発しはじめた。

    事務所の庭のチューリップ 
    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL